2017 09 ≪  10月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 11
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
指先のしびれ…
- 2007/10/18(Thu) -
先月末…? 今月初めから…? 気にしているしびれは結局放置したまま(^^;
でも辛いときがある…、やっぱり病院行きやね(T^T)クゥー

再度ネットでチェック!
しびれって何科に行けば良いの???
前回調べたときは「神経内科」だった。
今回はもっと多くのサイトをチェック!
大体明日とか午後から休診やん(^^;
いつの間に木曜日の午後が休診に???
今や土曜日と同じように当たり前…。

前回調べたときは神経系→神経内科って感じだったけど、そのパターンってもしかして最悪???
神経内科ってどんなとこ?って調べたら…脳神経内科って感じ(^^;
脳神経内科は行ったことないけど、脳神経外科はお世話になったことがあるので…あれが原因? ってイヤな予感…。
そう 数年前の事故のときの「外傷性クモ膜下出血」…。

でも今日調べてみると…整形外科って感じσ(^^)
う~ん こっちのほうが近いかな?
病院も行きやすいし!
病名は…「手根管症候群」

●手根管症候群
 手根管症候群は、正中神経が圧迫されることによって起こります。
 正中神経は、手首の手のひら側の手根管と呼ばれる部位を通っており、
 手の親指側に分岐しています。
 腫れを起こすなど、さまざまな理由で線維組織の束により手根管が圧迫を受けます。
 この病気は珍しいものではなく、特に女性に多く発症します。
 片手または両手に起こります。
 ねじ回しを使うときのように、手首を伸ばした状態で繰り返し
 力を入れる動作を要求される人は、特にリスクが高くなります。
 コンピューターのキーボードを使うときの姿勢が悪い場合も発症しやすくなります。
 振動する道具を長い間使用する場合にも手根管症候群を起こすことがあります。
 妊娠中の女性や、糖尿病、甲状腺機能の低下、痛風、関節リウマチのある人も
 この病気のリスクが上昇しています。

参ったな~こんなとこにも出現するか~甲状腺…。
もう10年以上も抱えてる病気やからね(^^;
こいつが原因だろうな~。
まずは甲状腺の検査から開始やね…。
もう完治だろうって言ってたのにな~(^^;
スポンサーサイト
この記事のURL | 独り言 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
<<一週間掛けて… | メイン | 旅立ち…>>
コメント
- たぶん同じ痺れですね -
はじめまして、僕も手に痺れをが起きて通院していたことがります。
最初は心配しました。
整形外科で指と指の間に紙をはさみ、紙を抜くとき、紙をはさむ力がどのくらい
指にあるか調べる簡単な検査がありますが、それに僕は引っかかりました。
(自分でも簡単にできます)
一時、指の筋力が落ちましたが、今は回復しています。
調べられた原因の発症例に近い仕事ですのであたっている気もしますね。
僕は、整形外科にかよい、首の牽引、しびれている手と腕の電気治療をしました。
治療の効果はあったと思いますが、通院が面倒でした。
2007/10/18 11:55  | URL | 通院好きのカヤッカー #ZA3n5dpE[ 編集] |  ▲ top

- 通院好きのカヤッカーさん -
はじめまして~どもども(^^)
勇気を出して、昨日 行ってきました~。
二の腕のポイントを押されて、痛みますか?
びっくり 押さえられると痛いやん(^^ゞ
こいつなかなかやるな~と心の中で感心した(笑)

肘のレントゲン撮影して~筋肉注射(多分)されて、レーザー照射!
注射は当たり前だけど痛い(笑)
レーザーはその効果が全く分からない(^^ゞ

そしてその効果チェックってことで今日も通院。
でも全く治まってない。
ってことで肩のレントゲン!
だけど異常なし(^^ゞ
ってことでレーザー照射の治療を続けることになりました。
それって意味あるの???
多分 わたしは通わないでしょう(^^ゞ

他の整形外科に行ってみるかな~?
2007/10/19 20:16  | URL | けんと #U7atb6Hk[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://kentmild100s.blog16.fc2.com/tb.php/980-419c7709
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。